【経済産業省】令和2年5月15日から7月31日までの間の豪雨による災害により影響を受けている下請事業者との取引に関する配慮について

8月28日、経済産業省から当協会など業界団体に対し、標題の要請文書が発信されました。

豪雨の発生に伴う取引上の影響を最小限とするため、
・親事業者においては、今回の豪雨の発生を理由として、下請事業者に一方的に負担を押しつけることがないよう、十分に留意すること
・親事業者においては、今回の豪雨によって影響を受けた下請事業者が、事業活動を維持し、又は今後再開させる場合に、できる限り従来の取引関係を継続し、あるいは優先的に発注を行うよう配慮すること
について、適切な措置を講じていただきますよう、お願いいたします。

要請文の内容は、こちらでご覧になれます。
https://www.meti.go.jp/press/2020/08/20200828010/20200828010.html