特別セミナー「これからの食の安心と安全2022」(2/18 幕張メッセ)

当協会では2月18日(金)、食品の安心・安全のサポート活動として、「第56回スーパーマーケット・トレードショー」(SMTS2022)の会期にあわせ「これからの食の安心と安全2022」と題した特別セミナーを開催致します。

感染症拡大防止対策上、入場者の人数を1社・団体につき2名までに制限いたします。また、SMTS2022来場者(招待状を有する方)に限定するなど、ご不便をおかけしますが、是非ともご参加ください。
セミナーの内容や入場申込みについては、下記URLよりご確認ください。

特別セミナー「これからの食の安心と安全2022」
日時:2022年2月18日(金)12時~15時(11:15受付開始)
会場:幕張メッセ 国際会議場 国際会議室
https://www.m-messe.co.jp/access/
参加費:無料 定員:200名 締切:2月6日(日)※定員に達し次第締切
主催:一般社団法人全国スーパーマーケット協会

スケジュール(予定):
12:00~13:30
HACCP制度化における変化と対応
 「HACCP制度化における微生物検査の考え方」五十君 静信(東京農業大学応用生物科学部農芸化学科 教授)
 「Codex食品規格『食品衛生の一般原則』2020年改訂版の要点解説」日佐 和夫(当協会シニアアドバイザー/大阪府立大学 客員教授)
13:40~14:55
これからの食品表示に求められるもの
 「食品表示の概況」消費者庁 食品表示企画課 担当官
 「新展開の食品表示制度を踏まえた企業の対応方策 -添加物不使用表示、全体像などの動向-」池戸 重信(当協会シニアアドバイザー/宮城大学 名誉教授)
14:55~15:00
当協会(NSAJ)「食品安全技術管理者」資格 制度と活用
 当協会 事務局次長 村尾 芳久

<詳細・参加申込はWebから>
https://ws.formzu.net/fgen/S70822394/