【警察庁】ネットワークカメラに関するセキュリティ対策の徹底について

1月28日付で、警察庁より当協会宛てに掲題の文書を受領しました。
先日来、インターネットを利用した防犯カメラ(ネットワークカメラ)の映像の一部が、パスワードを未設定または初期設定のままで運用していたことなどにより、インターネット上の特定サイトで自由に閲覧できるという事案が報道され、このような映像を参考に犯罪を試みる者の出現が危惧されるところです。
つきましては、下記の事項について徹底を図っていただけますようお願いいたします。

1.ネットワークカメラを設置運用する場合のパスワードについては、未設定または初期設定のままで運用せず、他人に推測されない適切なパスワードを設定すること。
2.ネットワークカメラのシステムについては、パスワードを適時・適切に更新するほか、不正アクセスを防ぐため、プログラム等を最新の状態に更新するなど、適切なセキュリティ対策を講じること。