【消費者庁・国民生活センター】店舗・商業施設で買い物中の転倒・転落事故に注意しましょう

消費者庁より、年末の繁忙期を前に、店舗や商業施設での転倒事故に関する注意喚起が行われました。
http://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_safety/caution/pdf/safety_caution_161207_0001.pdf

店舗・施設を管理する皆様は、年末の繁忙期は事故も増えますのでこまめな安全点検や清掃を行いましょう。特に雨や雪の日に注意です。
お客様も、誤ったカートの使い方や暴走、売場でのながらスマホなど危険行為を避け、足元や周囲の状況に注意を払える状況でお買物をお楽しみください。

また、国民生活センターからも同日、「医療機関ネットワークにみる店舗用ショッピングカートでの子どもの事故 -転落時の頭部損傷のリスクが高く、危険です!」と題した文書が当協会に発信されました。
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20161207_1.html

店舗施設を管理する皆様は、ショッピングカートでの事故の危険性について、店内での注意表示やアナウンスの充実、事故防止機能・機構を備えたカートの導入、定期点検・管理など事故防止対策の充実についてお願いいたします。