【高齢・障害・求職者雇用支援機構】定年引上げ等に定額の助成「65歳超雇用推進助成金」

独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構では、10月から「65歳超雇用推進助成金」を創設しています。

就業規則、労働協約により「65歳への定年引上げ」「66歳以上への定年引上げまたは定年の定めの廃止」「希望者全員を66~69歳まで継続雇用する制度の導入」「希望者全員を70歳以上まで継続雇用する制度の導入」を実施した場合、60万円~120万円の助成が受けられます。

※主な支給要件として、「制度実施に関して、コンサルタントや社労士などへ委託費等の支出があること」「支給申請日の前日において、1年以上継続雇用されている、60歳以上の雇用保険被保険者が1人以上いること」などがあります。

制度を実施した日の翌日から2か月以内での申請ができます。たとえば4月から導入した場合は6月中までに申請が可能です。
詳細は同機構のWEBサイトをご覧ください。同機構の各都道府県支部で問合せ、相談、申請に対応しています。

http://www.jeed.or.jp/elderly/subsidy/