【国税庁】たばこ税の手持品課税について

たばこ税関係法令の改正により、平成28年4月1日から、紙巻たばこ三級品(わかば、エコー、しんせい、ゴールデンバット、ウルマ及びバイオレットの6銘柄)の「たばこ税」の特例税率が廃止され、税率が段階的に引き上げられることとなっています。
これに伴い、平成29年4月1日午前0時現在において、販売用の紙巻たばこ三級品を5,000本以上所持するたばこ販売業者に対し、たばこ税の「手持品課税」が行われます。
対象となる販売事業者の皆様は、5月1日(月)までに、手持品課税納税申告書を、販売許可を受けた営業所ごとに所轄の税務署等に提出し、10月2日(月)までに納付することとなります。

詳しくは、リンク先の国税庁WEBサイトをご覧ください。
https://www.nta.go.jp/sonota/sonota/osirase/data/h28/tabacco/index.htm