【消費者庁】年末の表示適正化に向けた取締りを実施

消費者庁は、都道府県等と連携し、食品表示の重点事項について取締りなどを行うことを発表しました。
主な監視指導事項として、
・アレルゲン、期限表示等
・保健機能食品を含む健康食品
・生食用食肉、遺伝子組み換え食品
・道の駅、直売所、業務用加工食品
などを挙げています。
また、食物アレルゲンの表示について、特定原材料7品目以外の準特定原材料20品目についても表示を心がけるよう啓発を行うとしています。

詳細は下記リンクよりPDFをご覧ください。
http://www.caa.go.jp/policies/policy/food_labeling/information/pdf/food_labeling_information_171127_0001.pdf