【厚生労働省】セクシュアルハラスメント防止対策について

7月10日、厚生労働省より業界団体宛てに、標題の文書が発信されました。
6月12日、「すべての女性が輝く社会づくり本部」において「女性活躍加速のための重点方針2018」が決定され、セクシュアルハラスメント防止に関する制度の周知・改善」等が盛り込まれました。
平成29年度に都道府県労働局に寄せられたセクシュアルハラスメントの相談は6,808件と高止まりしており、また、平成28年度雇用均等基本調査によれば、セクシュアルハラスメントを防止するための対策に取り組んでいる企業の割合は58.2%にとどまっています。
職場におけるセクシュアルハラスメントは、被害者だけでなく行為者も退職に至るケースや、裁判となるケースもあり、未然の防止対策が重要です。
つきましては、職場におけるハラスメント防止に向け、取り組みをお願いします。取り組みにあたっては、厚生労働省が制作した事業者向け、労働者向けパンフレット・リーフレット等の、都道府県労働局で開催するハラスメント対策説明会、相談窓口等も活用いただけます。

厚生労働省WEBサイト
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyoukintou/seisaku06/