【内閣府】コミュニケーション支援ボードの常置を

内閣府より以下の通り「コミュニケーション支援ボード」についての案内がございました。

食品や日用品を取り扱うスーパーマーケットやコンビニエンスストア、ドラッグストア等は、聴覚障がい等の方にとっても身近な存在ですが、レジや受付での店員の問いかけに気がつかなかったり、話の内容が理解できず誤解が生じたり等、困る事例が多くあります。
また、店舗等でもマスクの着用が必須となっていますが、マスク着用によって口の動きや表情が見えなくなり、コミュニケーションがますます困難になっております。
リンク先に掲載されているような「コミュニケーション支援ボード」は有用なツールとなりますので、ご参照の上、ぜひ活用のご検討をいただけますと幸いです。
よろしくお願いいたします。

内閣府:合理的配慮サーチ「コミュニケーション支援ボード」
https://www8.cao.go.jp/shougai/suishin/jirei/cases/case_0027.html