【厚生労働省】アレルギー疾患を有する者またはその家族に対する治療と仕事の両立支援について

厚生労働省健康局がん・疾病対策課より、標題の依頼を受領しました。

アレルギー疾患を有する方は、発症や再燃等を不定期に繰り返し、症状悪化、治療に伴う通院や入院のための休職等を余儀なくされることもあり、さらに職場等での理解、支援が得られず生活に支障をきたすケースがあること、またアレルギー疾患を有する方の保護者が通院の付き添いやアレルギー除去食の準備等に時間をとられ仕事が制限されるケースもあります。

厚生労働省では「アレルギー・関節リウマチに罹患した労働者と患者の養育者に対する治療と就労の両立支援マニュアル」「事業場における治療と仕事の両立支援のためのガイドライン」を作成し、WEBサイト「アレルギーポータル」にて公開しています。
https://allergyportal.jp/bookend/public/

事業者の皆様におかれましては、アレルギー疾患を有する方、またそのご家族に対する、治療と仕事の両立支援の取り組みについて、マニュアル等を活用のうえ、理解の推進をお願いいたします。

アレルギー疾患対策の推進に関する基本的な指針の一部を改正する件について
https://www.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T220314H0010.pdf