【農林水産省】ふき・ふきのとうはあく抜きして食べましょう(食品中のピロリジジンアルカロイド類に関する情報)

農林水産省より、「植物に含まれるピロリジジンアルカロイド類という天然毒素について、ふきやふきのとうにも比較的多く含まれていることが分かったが、水に溶けやすいことから、加工・調理する前にあく抜きを行うことで、安全に食べることが可能」との周知依頼がございました。

農林水産省では、以前からふきやふきのとうをあく抜きをしてから食べることを呼び掛けていましたが、最近実施した研究により、あく抜きの要素として、ゆでこぼした後に水にさらすことが天然毒素を減らすのに必須だということが分かったので、ウェブサイトの資料を更新しましたとのことです。

食品中のピロリジジンアルカロイド類に関する情報
https://www.maff.go.jp/j/syouan/seisaku/foodpoisoning/naturaltoxin/pyrrolizidine_alkaloids.html

【チラシ】ふき・ふきのとうはあく抜きして食べましょう
https://www.maff.go.jp/j/syouan/seisaku/foodpoisoning/naturaltoxin/attach/pdf/pa_fuki_flier.pdf

ふきやふきのとうを安全に食べていただくために、消費者の皆さんにあく抜きをしていただくとともに、加工品を製造される食品事業者の皆様にも、ゆでこぼしと水さらしを確実に実施していただきたいとのことです。