北海道教育大学函館校「市民公開講座」の開設について~3者が連携して「地方創生」に取組みます!~

北海道教育大学函館校、新日本スーパーマーケット協会、北洋銀行の3者は、相互に連携し、地域の産業を担う人材養成し、その課題解決に取組むため、「市民公開講座」を開設いたします。

昨年末“まち・ひと・しごと創生総合戦略”が閣議決定され、“産・学・官・金・労”が一体となった「地方創生」の取組が求められております。「地方創生」実現のためには、地域において自ら考え行動する人材が不可欠であり、「まち・ひと・しごと創生会議」は、その個別施策として“地方大学強化”と“プロフェッショナル人材”を例示しております。
このような地方創生の流れを踏まえ、このたび開設する「市民講座」は、産業界・官界で活躍されているトップクラスの方々を講師として迎え、地域産業を担う高度な地域人材の育成と受講者のキャリアアップを目指します。
また、地域に根ざした北海道教育大学函館校が立地する道南地区は、来年3月の「北海道新幹線」開業に伴い、多様な活力と交流が生まれることが期待されており、その源泉となる人材を育成する本事業は、時宜を得た事業であります。

<概要>
1.受講者   : 本学学生、及び市民公開講座として広く門戸を開放します(受講料無料・定員200名・8月中旬より順次募集開始)
2.場 所    : 北洋函館ビル8階、及び北海道教育大学函館校
3.開講期間 : 平成27年9月から平成27年11月までの間に5日間で開催
4.内容    : 産業界、官界等の第一線で活躍している“しごと”の“プロフェッショナル”をお招きし、どのように自らのキャリア形成をしてきたのかを柱に、業界情報及び動向、職業環境等をも含めて様々な視点から講義を行い、学生のキャリア形成と地域産業を担う高度な地域人材(プロフェッショナル人材)の育成を目指していきます。

スケジュール、講師、そのほか講座の詳細につきましては、下記リンクよりPDFファイルをご覧ください。

北海道教育大学函館校「市民公開講座」の開設について