「スーパーマーケットにおけるHACCPの考え方を取り入れた衛生管理のための手引書」を公開

当協会では、このたび「スーパーマーケットにおけるHACCPの考え方を取り入れた衛生管理のための手引書」を作成、公表いたしましたので、お知らせします。

6月7日、改正食品衛生法が成立しました。これまで以上の食の安全確保を図るため、すべての食品事業者に対し、HACCPの考え方を取り入れた衛生管理を義務付け、制度化されることとなります。

当協会では、従前より「安心・安全サポート事業」を立ち上げ、同時に「食品安全技術専門会議」を設立しておりましたが、今回の政府の方針を受け、厚生労働省、農林水産省等の指導のもと「スーパーマーケットにおけるHACCPの考え方を取り入れた衛生管理のための手引書」を作成し、このほど完成いたしました。会員の皆様にご活用いただけますよう、WEBサイトにて公表するものです。

スーパーマーケットは取り扱う品目が多岐にわたり、また店内での製造・加工も多く、食品衛生管理の難しさは言うまでもありません。しかし、お客様の安全・健康を守るためにも、この手引書を参考に、衛生管理について再度意識を高め、それぞれの企業・店舗に合わせた衛生管理を導入していただけますよう、ご活用のほど、お願い申し上げます。

なお、本手引書の転載にあたっては、下記事務局にお問い合わせください。
本件に関するお問い合わせ:
一般社団法人全国スーパーマーケット協会 安心・安全サポート事業 事務局
E-mail: eisei@super.or.jp (メールのみ受付)

「スーパーマーケットにおけるHACCPの考え方を取り入れた衛生管理のための手引書 Ver.1.0」
ダウンロード(PDFファイル)
 「一般衛生管理編」
 「分類別工程管理編」
 「商品説明書ひな型と記載例」

※厚生労働省WEBサイトにも同内容の手引書データが公開されております。
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000179028.html